2009年03月02日

チェンジリング

changeling.jpg1日は映画の日!ということで、映画へ♪

この映画の前情報としては、劇場予告のみ。
監督がクリントイーストウッドってことと、アメリカではよくある?子供が行方不明になり・・・・
何ヵ月後かに、子供は主人公アンジーの元へ戻ってはきたものの、明らかに自分の息子ではなく他人であるところから物語は始まる。。。


なんか映画生活での評価があまりにも高かったのが見る動機になったんだけど、、この映画に関しては何もゆえない!
ちゅか、こんなTrueStoryってあったらアカンよ。。。ってことで全体的に重い。
後味も残るものとなってちょっと力を入れてみたほうがよいね。たぶん。
いい映画かとは思いますが、80点とかはやっぱいいすぎかも(^^;

ストーリィはすごくよくできていて、古きアメリカの淡い映像な見せ方もかなりよい、けど、やっぱTrueStory。個人的にはもうちょっと盛り上がりが欲しいところやね。
とはいえ、あーこんなTrueStoryねといったところから驚愕仰天のストーリィ展開を見せ、ラストに向かってその話の重量はクリントイーストウッドのお家芸?かどうかはわかんないですが、人の闇を見せながらどんどん重くなっていき、ラスト30分(全2時間22分)アンジーお母さんが見せてくれます!

チェンジリング@映画生活
posted by K.A. at 23:39 | 大阪 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。

僕も映画が好きでチェンジリング観て来ました。
K.Aさんが言うように重いですね。
終わってから胸が痛かった。
娘が居るので親目線で観るから余計でしょうね。
実話というのもビックリです。
しかし、アンジーは素晴らしいですね。
彼女自身の母親を真似て演技したらしいです。
僕は60セカンズやボーンコレクターのアンジーも好きですが。

話は変わり、食べ物の写真も美味しそうに撮っていますね。
ホルモンもイイですが焼き鳥が気になります。

今夜は焼き鳥・・・食べたいです。笑

ではまた。
Posted by sakura at 2009年03月19日 13:25
Sakuraさん。はじめまして、K.A.です。
コメントありがとうございます。

チェンジリングの重たさ・胸の痛さは尋常じゃないですよねえ。
僕は独身貴族(笑)なので、子供はいませんが、
お子さんがいらっしゃる人が見ると、また違ったなんともいえない感情になるのはわかる気がします。

60のアンジーいいですよね。こないだのウォンテッドのアンジーも僕的にはよかったです〜♪

あっ、飯写真お褒め頂きどもです)(^^;
今後も撮っていきますので宜しくです。

Sakuraさんは帝都在住の方でしょうか。
焼き鳥はココ(http://www.magoroku.jp/)でございます。おいしいですよ。

ではでは。今後とも宜しくお願いします。
Posted by K.A. at 2009年03月21日 13:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

チェンジリング/Changeling(映画/DVD)
Excerpt: [チェンジリング] ブログ村キーワードチェンジリング(原題:Changeling)キャッチコピー:どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの?製作国:アメリカ製作年:2008年配給:東宝東和ジャンル.....
Weblog: 映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評
Tracked: 2010-02-04 23:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。